影をとらえる(あらいた)

2021.03.19 BLOG

Photographという言葉は、photo(光) + graph(書/描かれたもの)を語源とするものだそうです。

一般的には“写真”と訳されますが、由来からすると“光画”という表現の方がしっくりくる印象ですね。

GR III, P mode, 1/2500s, F6.3, ISO800, Hard Monotone

光があるところ、また影もできる。
特に日没前の街撮りスナップでは、行き交う人々や街路樹などあらゆるものに長い影が伸びて、見慣れた近所の風景でさえもドラマチックに描写できそうです。

GR III, Av mode, 1/1000s, F3.5, ISO400, Soft Monotone

GR IIIをお使いであれば、[ソフトモノトーン]、[ハードモノトーン]、[ハイコントラスト白黒]など、白黒系イメージコントロールもおすすめ。

色の要素が排されることで純粋に被写体の明暗差、すなわち光と影の部分が際立った写真に仕上がりますよ。

GR III, 1/1250s, Av mode, F5.6, ISO200, Hi-Contrast B&W

3枚目の画像、すこし違和感ありませんか?

これ、上下さかさまに撮影しています。
頭を上にして写っている3人は、実は影法師。それぞれの足元から伸びる部分が実体です。

秋晴れの強い日差しの中、人物が逆光で黒潰れするように撮影し、さらにカメラ内RAW現像でハイコントラスト白黒に仕上げてみました。
影を活用した、ちょっとしたトリック撮影です。


そしてそして、今夜と明日は、いよいよ「GR SNAP WEEKEND」の開催となります。

まだ申し込みしてない!という方、いまからでも間に合いますので、ぜひ参加してもらえたら嬉しいです。
このイベントが、週末の楽しみの一つになってくれたらと思います。


(あらいた)

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

GRとの関わりと撮影スタイル (いなば)

2021.03.16 | BLOG

NEXT

冬の雪遊び(ゆか)

2021.03.23 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS