GR×自転車 フォトポタリングに出かけよう

2020.08.04 BLOG

こんにちは、朝倉です。
東京は、長かった梅雨もようやく明けて、ここ数日は夏らしい日が続いています。

そんな中、先日義兄からお古の折り畳み自転車をもらいました。
都内は電車が便利で良いのですが、今の状況を鑑み、それ以降出かける時はもっぱら自転車で移動しています。
ライターのゆかさんが自転車にハマってるという記事を書いてましたが、僕も同じように自転車にハマってしまいました。
と言っても、僕の場合は、小さな折り畳み自転車なので「風を感じて走る」ようなサイクリングみたいなものではなく、どちらかというと散歩に近くて、カメラ片手に住んでいるところの周りをブラブラしています。

目的地を決めずに周辺を自転車でめぐることを”ポタリング”(和製英語)っていうらしいです。僕の場合は、写真を撮ることが目的なので、「フォトポタリング」(ポタリングフォトという人もいます)かな。

自転車でブラブラ走って、良いなと思った景色を撮る。そしてまた自転車を走らせる。そんなことを楽しんでいます。

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO160,1/500sec,F8.0

ポタリング時にGRが向いているなと思うのは、コンパクトなサイズ感というのはもちろんなのですが、一番の理由はGRの画角とパース(遠近感)です。

GRの28mmという画角は、人間がぼんやりと全体を見ている広さと同じぐらいなので、自転車に乗りながら全景を見ていて良いなと思った景色を撮るのにはちょうど良い広さなのです。

それと、自転車に乗りながら、「あ、いいな」と思ってすぐに撮ることはなかなか難しいし運転しながら撮るのは危ないので、急停止しないように確認して止まって撮ります。そうすると良いと思った景色から数メートル進んでいるので、普通なら少し下がって…となるのですが、28mmという焦点距離は目で見ているよりもパースが強調されているので、「いいな」と思って、数メートル進んだあたりがちょうど良い遠近感で写るんですよね。

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO100,1/500sec,F8.0

フォトポタリングに大事なことは、その機動力を落とさないこと。迷わずパパッとシャッターを切ってまた自転車をこぎ出す。
なので、僕はカメラの設定もフォトポタリング用に固定して撮っています。
それがこちら。

・Mモード、絞りF8.0、シャッタースピード1/500s、ISO AUTO
・フォーカスを”SNAP”にして、スナップ撮影距離を2mに
・イメージコントロール:ポジフィルム調
・WB:太陽光

絞りF8.0とSNAPフォーカス2mの組み合わせでパンフォーカスにして、シャッタースピード1/500sで動きを止める。
シャッタースピードはいろいろ変えてみたけど、バランスが良いのは1/500sかな。晴れてる日は1/1000sでも良いかも。
この設定なら、カメラを取り出しササっとノーファインダーで写真を撮ることもできます。

先日の休みで多摩川沿いをフォトポタリングしてきました。
特に目的地を決めていたわけではないのですが、気づくと14kmぐらい走っていて、羽田空港まで行ってました。
天気は良くて陽射しが強かったのですが、自転車に乗っていると頬に当たる風が心地よくて、すごく気持ちよかったです。

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO125,1/320sec,F8.0

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO200,1/250sec,F8.0

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO320,1/500sec,F8.0

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO320,1/250sec,F8.0

多摩川の河口付近に差し掛かると、船着き場がたくさん見えてきます。このあたりの景色どこかで…と思っていたら、旧GR BLOGで赤城耕一さんが歩いていたあの場所でした。

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO320,1/5000sec,F8.0

GR III,Mモード,ポジフィルム調,ISO160,1/500sec,F8.0

せっかく羽田まで来たので江戸前穴子の有名店「食通 ゆたか」へ。お腹の減った体に、ホクホクの穴子とタレの染み込んだご飯は最高でした。
こういうご当地で出会う美味しいものを味わうのもフォトポタリングの楽しみの一つ。
東京中の美味しいものを食べに自転車で回るのも良いかも。

目標がまた一つ、増えました。

GR III,Pモード,ポジフィルム調,ISO200,1/30sec,F2.8

そしてフォトポタリングで活躍しているのがこの小さなショルダーバッグ。ベルト部分を体に密着するぐらい短くしてナナメ掛けで使ってます。
このバッグの中にはGRがちょうど入るぐらいの仕切りがあるので、それもまたポイント。中で他のモノとガチャガチャならないので。
財布と携帯とGRを入れて、邪魔にならない大きさのバッグが一番快適に自転車を楽しめるかなと。
自転車に装着するポーチみたいなのもあるみたいやけど、今のところ、これぐらいのサイズなら自転車こぐのにも邪魔にならないし、いつでもパッとGRを取り出せるので良いかなと思ってます。

自転車乗ってる皆さんはどんな風にカメラ持ち出してるんだろ。また教えてください。

GRとお出かけする時に愛用しているPORTER×B印のトラベルショルダーバッグ

というわけで、今回はフォトポタリングをオススメしてみました。

歩いて行ける距離よりも、ちょっと遠くまで出かけられて、夏の風を楽しめるフォトポタリング。
次はどこへ出かけようかな。
それではまた。

(朝倉)

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

「GR meet online」、ありがとうございました! (まちゅこ。)

2020.07.31 | BLOG

NEXT

【GRist】Vol.38 Qianqian Zhangさん

2020.08.07 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS