渋谷へGO!(あらいた)

2022.11.15 BLOG

あらいたです。

以前にこちらの記事で、渋谷の事を話題にしました。
この時から2年と少しの時間が経過しましたが、相変わらずこの街は急ピッチで変貌を続けていますね。

下の2枚の写真はスクランブル交差点付近の眺めです。
1枚目は2020年9月、2枚目は2022年11月に撮影したもの。

1枚目に写っていた白い建物は完全に解体されてしまいました。
このデパート、古くからのカメラ好きなら中古カメラフェアで訪れたことがある人もいるでしょう。
おや、広告をよく見ると、話題の5人組J-Popグループのアルバムが出た時期ということも判ります。

2枚目の写真には、建設中の高層建築が写っています。
写真上ではデパート跡地にあるように見えますが、ビルがあるのは駅の向こう側。首都高速道路を挟んだ桜丘地区という場所にあたります。
この地域、今までは大規模な商業施設はなかったと記憶しているのですが、開発が進めば人の流れも大きく変わるでしょうね。

GR III, Tv mode, 0.4s, F16, ISO200, ND Filter On, Snap 2.5m, Monotone, @Shibuya-Crossing

変化する街の様子を写真に定着させることも、ストリートスナップの愉しみ方の一つだと実感できる機会が多くなってきました。

冒頭の写真を撮った2年前は、スナップ写真の持つ「記録性」について、それほど意識することなくシャッターを切ったのですが、時を経て見てみると、こんな写真にも史料としての価値が付加されていることに気づきます。

GR III, P mode, 1/50, F8.0, ISO200, Snap 5m, Monotone, @Udagawa-Cho

これだけ変化のスピードが速い渋谷ですので、今日と同じ風景を明日も見られる保証はありません。
建物、屋外広告、ショーウインドーや街行く人のファッションなど、写真に写るさまざまな要素が、二度と撮れない貴重な記録になっていることに、後になって気づかされるのでしょう。

だからこそ、この街の"今"を写真に撮り貯めていきたいと思います。

GR III, Tv mode, 1/400, F2.8, ISO400, Snap ∞, Monotone, @Miyashita Park

さて、今週末の土曜日 (2022年11月19日)は、「GR Bar in 渋谷」の開催日です。

僕の大好きな作家さんたちの写真展示や、高橋直哉さん、Tomas H. Haraさん、濱尾京介さんによるトークショー、Robert AdachiさんによるDJタイムなど楽しみな企画が盛りだくさん。

事前登録は不要ですので、ふらっと立ち寄っていただければうれしいです。
ちょっと一杯飲みながら、写真のこと、GRのことなど、語り合いましょう!

GRをお使いでない方でも、もちろんWelcome。
僕も、ストリートスナップ好きな皆さんにお会いできることを楽しみにしています。


今週末は 渋谷へGO!

(あらいた)



友だち追加

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

「GR Bar in 渋谷(11/19開催)」の続報です! (まちゅこ。)

2022.11.10 | BLOG

NEXT

葉っぱの面白さ (みにゅう)

2022.11.17 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS