【GRist】Vol.29 Qianli Zhangさん

2020.01.28 BLOG

GRist、29人目は中国からQianli Zhang(張千里)さんの登場です!

写真はGRistコーナーにてご覧いただけます。
GR official TOPページでも見られます。


Qianli Zhang(張千里)
旅写真家、動画作家、文筆家。ゲッティイメージズ、ナショナルジオグラフィックトラベラー、リコー、ソニー、ハッセルブラッドに作品を提供。ジッツオの大使でもある。上海とトロントに拠点を置く。
中国語でつくられている写真関連の動画で最も人気のある「Beyond the Photo」というプログラムを制作。300万人のフォロワーを持つ。
これまでに2つのベストセラーを出版。
「The Guide for Travel Photographer」
「The Guide for Travel Photographer II」
3冊目が間もなく出版される。

2005年、ナショナルジオグラフィックマガジンによる旅写真コンテストで年間最優秀賞を受賞。米国ワシントンDCにある本社へ招待を受ける。
https://www.qianlizhang.com
https://www.youtube.com/channel/UCvqg0fyR1cE_PsuFEgKJpgg/featured

 
写真について
住んでいる街と旅先の両方で、ストリートフォトグラファーとしてほとんどの時間を過ごします。ガイド付きの旅行は好きではありません。ラフな地域を撮影すること、直感や自分を惹きつけるものを追いかけて歩き回ることを好みます。無理やり写真を撮ることは避け、実感を込めて撮影できたときにだけ満足感を得ます。目的がないため、結果に対する期待もあまりありません。このような不確実な出会いがとにかく好きなのです。それは、瞬間的な実際のシーンと私の内なる独白との衝突であり、これが私がストリートフォトに惹きつける理由です。シーンの非再現性、それによって引き起こされるドーパミン分泌。これらは他のタイプの写真とは大きく異なります。そのプロセスと結果をとても魅力的に感じています。自分自身、生活空間、家族、友人、ささいな経験の写真を撮っているときのほうが、いつもより夢中になれるときがあります。人生に忠実で、自分に忠実であること。私にとって意味のある瞬間を撮影することが、写真をやることの最大の意義です。

旅について
私は写真のために旅をしませんし、旅を撮影することもしません。行きたいと感じる場所に行き、突然何かに興味を持つのです。旅はより穏やかなかたちで全てを明らかにしてくれます。旅と写真は極めて個人的な事象。そこで、世界、あるいは私自身に出会えます。旅をすることとは外に出るということであり、写真とは、その外に向かうプロセスに対する私の反応。それは私の心を掘るということにたいする視覚的かつ正確性の低い表現です。

GRについて
軽量のGRは、片手でスナップを撮るのに便利で、旅先での理想的な相棒であり、ストリートスナップへの比類なき最適化を実現しています。控えめなのに素早く正確な撮影するのに十分なパワーがあります。GR IIIになり、全体的な制御と画質がさらに改善されました。近所を歩くときも、地球の反対側の遠くの国を旅するときも、タスクを非常に上質に仕上げられ、カメラバッグに欠かせない道具になっています。GRは本当に中毒性のあるカメラ。そのために、ビデオチャンネル「Beyond the Photo」を通じて世界中の300万人のファンと自分の経験や気持ちを共有し、より多くのGRユーザーが集まって経験を交換できるようにしました。

 
(原文)
About Qianli Zhang
Qianli Zhang is a travel photographer, filmmaker, book writer. He is shooting for Getty Images, National Geographic Traveler, Ricoh, Sony, and Hasselblad, and is the ambassador of Gitzo. He is based in Shanghai and Toronto.
Qianli made a program named "Beyond the Photo”, which is the most popular photography video in Chinese language. He has 3 million followers.
Qianli published two best-seller books so far:
「The Guide for Travel Photographer」
「The Guide for Travel Photographer II」
And his 3rd book will be published soon.
In 2005, National Geographic Magazine honored Qianli Zhang with the first prize of Yearly Travel Photography Contest and invited him to visit the headquarter located in Washington DC, USA.
https://www.qianlizhang.com
https://www.youtube.com/channel/UCvqg0fyR1cE_PsuFEgKJpgg/featured

About photography
I spend most of my time as a street photographer, in both the city where I live and places where I travel. I don’t like to do guided travels, I prefer to capture rough areas, follow my intuition and things that attract me, and wander around. I don’t force myself to take a picture. When I can shoot with real thoughts at the time, I am satisfied. Since there is no purpose, there is not much expectation for results. I just love that kind of uncertain encounters. They are collisions between instant, real scenes and my inner monologue. This is what attracts me to street photography. Non-reproducibility of the scene, dopamine secretion caused by it- these are very different from other types of photography. Its process and results are just so enchanting. Sometimes I am more intoxicated by taking photos of myself, living spaces, family, friends, and experiences that are trivial. Be true to life and loyal to myself. Shooting those moments that are meaningful to me is the greatest significance of my photography.

About travel
I don’t travel for photography, nor do I photograph my travel. I go to places wherever I want to go and I suddenly become interested in something. Travel reveals everything more calmly. Travel and photography are particularly personal matters. I meet either the world or myself. To travel is to go outward, photography is my reaction to the outward process- it’s the visual and less accurate expression of digging my heart.

About Ricoh GR
The light-weighted Ricoh GR camera is an ideal companion for my trip, convenient for one-handed snapshots, and is unparallelly optimized for street snapshots. It is low-key but has enough power to hit the right thing in an instant. With the improvement in this generation, overall control and picture quality have been further improved. Whether I take a walk near my home or travel to a country far away on the other side of the globe, the GR can complete the task very well. It has become an essential piece of equipment in my camera bag. The Ricoh GR is really an addictive camera. So I also have shared my experiences and feelings with 3 million fans around the world through my video channel “Beyond the Photo”, so that more and more GR users can come together to exchange experiences.

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

ライターの初詣2020 (任三郎)

2020.01.24 | BLOG

NEXT

緊急開催! 閉館前に“GR Cafe”をもう一度! (まちゅこ。)

2020.02.04 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS