【GRist】11月のGRistは、中国北京からANN Feifeiさん

2018.11.09 BLOG

中国のGRファンイベントでも、素晴らしい写真とトークをしてくれた、GR LOVEフォトグラファーを紹介します。

写真はGRistコーナーにてご覧いただけます。
GR official TOPページでも見られます。


ANN Feifei(中国・北京在住)

1986年中国・内モンゴルで生まれ。14歳のときから私の父親の指導のもとで写真生活を始める。2008年に大学を卒業した後、新華社通信のジャーナリストとなり、ほぼ同時に商業写真家としてのキャリアをスタートさせる。4年後の2012年にスタジオを設立。2016年から5つのドキュメンタリー写真アルバムのプロデュースと編集を担当。それを機に人類を捉えるドキュメンタリー写真に関心を持つ。

ウェブサイト:
http://weibo.com/ann3


GRを愛する理由

1.強いカンフーは速い

GRに「最高のストリートスナップシューター」の名が贈られているのは、文字通り他の多くのデジタルカメラより速いから。素早く起動し、素早くフォーカスし、素早く露出を合わせます。ストリート写真のスピリットとは、最高の瞬間を捉えること。通常私は、GR IIをポケットに入れています。"獲物"を見つけたり、感じたりしたとき、素早く取り出して、瞬く間にスナップします。あらゆる場面で私とGR IIは、望む瞬間を捉えるための完璧な共同作業ができています。

次にフォーカスのスピード。Snap Shotモードが2番目のポイントです。簡単に設定できて多くのGR IIファンが夢中になっているこの機能は、ピントの合う距離をあらかじめ手動で設定しておくことができるというものです。絞りを調整すると、ピントの合う範囲が画面に表示されるので、被写界深度が直感的に分かります。これによって、ピント合わせやレンズが前後に動く時間が大幅に節約されますので、あとは "獲物"までの距離に迅速かつ正確に反応するだけです。いわゆる最速のフォーカスモードとは、フォーカスしないというものなのです。多くの偉大なストリート写真家が手動カメラを好む理由はこれです。

2. 小さなボディに大きなコンポーネント

ストリートフォトにおいて、大きなマシンは小さなマシンよりもはるかにアグレッシブで人の目につきます。小さく目立たないカメラは、ストリートでより柔軟に撮影できますし、女性フォトグラファーでも、丸一日楽に持ち歩けます。

2番目のすばらしいコンポーネントは焦点距離。 GR IIには28ミリの単焦点レンズが搭載されていて、高質な画像を得ることができます。私の好きな画角はまちがいなく35ミリなのですが、ストリート、とりわけフートン、ノンタンといった中国の狭い路地のような状況では、35mmレンズは28mmレンズに比べて情報が少なすぎます。それに、広いレンズのほうが、撮影後の第2の構図決めや画像レタッチの余地が残っていますから。

3.片手撮影

GRの各ボタンの位置は、私がこれまでに見たなかで最も便利かつ合理的です。人間工学に非常に合致していて、複数あるユーザーが定義できるボタンも、片手で簡単に設定できます!これが私がGR IIが楽しいと思う最大の理由で、私の目と手と心を完璧に結びつけてくれるのです。完璧な瞬間を見つけ、素早く確実に捕らえる楽しみを与えてくれるのがGRです。

 
 
(原文)
ANN Feifei (Beijing, China)

Born in Inner Mongolia, China, 1986, I began my photography life since my 14, under my father’s guiding. After graduating from university in 2008, I became a journalist in Xinhua News Agency and almost at the same time started my career as a commercial photographer. 4 years later in 2012 I founded my own studio. From 2016 on, I have taken part in producing and editing 5 documentary photography albums, which inspired my interest for humanities documentary photography.

Website:
http://weibo.com/ann3

Why I love GR
1. The greatest kungfu is to be fast
GR is gifted the name of “best street snaper” mostly for it is literally faster than those of many other DC. Fast to turn on, fast to focus and fast to adjust exposure. The soul of street photography is to catch the best moments. In my practice, I sometime put GR-II off in my pocket. When i see or feel the “prey” around, I would quickly take it out and within seconds take a snap. Most often I and my GR-II are able to cooperate perfectly to catch the wanted-moment.
Beside this, the speed of focusing is also within concern. The easy-segue-in Snap-Shot mode is my second point, about which many GR-II fans are crazy. We can swift to manual focus mode that preset the focusing distance, this allow us to adjust the aperture to decide the depth of field, which can be intuitively seen on the screen. In this way, we can greatly save the the time of focusing and pushing or pulling the lens, and what is left for us to do is to quickly and precisely respond to the distance from you to the “prey”. The so-called fastest focusing mode is not to focus, and this is why many great street photographers love to use manual cameras.

2. Big components in small machine body
Big machine is much more aggressive and conspicuous than small machine in street photography. A small and hidden camera will be more flexible for street-snaping, also easier for a female photographer to explode through the street a whole day long.
The second fabulous big component is its focal length. GR-II carries prime lens of 28mm which can bring us high quality of imaging. 35mm is undeniably one of my favorite lens, however, in street photography, especially in narrow and constraint circumstances like Hutong, Nongtang, small alleys in China, 35mm lens can contain less information than 28mm lens. Moreover, wider lens allows more possibility for second composition and image retouch.
3. single-hand shot
The buttons‘ positions of GR are the most convenient and reasonable I have ever seen. They very much accord to human engineering, and with several user-defined button that we can easily set parameters with single hand only! This is what I enjoy GR-II the best because it joins my eyes, hand and my mind perfectly together and comfort me with the pleasure of catching sight of perfect moments and quickly grasping them seamlessly.

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

アメリカに引っ越しました! (ゆか)

2018.11.06 | BLOG

NEXT

GR trip 第二回目を開催しました! (かつ)

2018.11.13 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS