2022年、ありがとうございました!

2022.12.28 BLOG

今年は、日本国内はもとより、ちょっと海外に行ってきたよーという方も、だいぶ増えてきた感じがします。オンラインはオンラインで上手に活用しながら、やっぱりリアルじゃないと!!とあらためて思うこともたくさんあったのではないでしょうか。

GRの活動としては、なんといっても、「GR meet 47」をはじめとした、リアルイベントの開催が無事にできたこと!各会場に足を運んでくださったみなさん、本当にありがとうございます。

「GR meet 47」は、4月に新潟からスタートし、京都、東京、高知、秋田、、、と年内で14ヶ所を回らせていただくことができました。

各地でGRのファンの方々にお会いして、「GR大好きなんです」「ずっと使ってます」「気になっていたので、お借りして使うことができてありがたいです」などなど、直接お話いただき、我々スタッフ一同、感謝でいっぱいです。

デジタルを駆使してアレコレ、、、ということが当たり前の世の中ですが(それはそれでとても大事ですが)、やっぱり、お一人お一人にお会いして、お話できるということに勝ることはないんじゃないかなと、しみじみ思います。

GRを手にしてくれてありがとう、と直接伝えることができる、そんな関係をこれからも大切にしていきたいと思っています。

「GR meet 47」は、まだまだ回れていないところばかり。
各地のみなさん、楽しみに待っていてもらえたらと思います。


それでは、年末のライターからの一枚をご紹介します!

***

●きょーちゃん
今年は公私ともに身の回りの変化が多い年となりました。充分時間をかけて写真を撮るチャンスが少なくはなっても、いつでもどこでも連れていけるGRが写真を撮るモチベーションを高めてくれました。

 
●えみ
去年よりも遠くに出かける機会が増えてきた一年でした。
リアルにその場の空気に触れること、人との交流ができるようになったことに感謝。


●みにゅう
GR meet 47で新潟・秋田・鹿児島に行けたのが良かった。リアルでGRファンと会えるのが楽しい。来年も楽しみです。


●ゆか
ニュージャージーに引っ越してきてちょうど一年。たくさんの新たな出会いと経験がありました。ニューヨークでのGRイベントにも2回参加でき、写真を通じて輪が広がっていく喜びを改めて感じました。


●かつ
実家方面おきまりのイベント。毎度川の上に鯉は何故?と思っていたのですが、なるほど、水面に写る鯉は、水の中を泳ぐのだなと気づかされました。 知らない土地で初見なら直ぐに気づいたかもと反省。


●あらいた
ふらっと立ち寄らせていただいた写真展や、代官山・渋谷でのGRイベントなどで、写真好きの皆様とたくさんお会いできた一年になりました。


●任三郎
今年も多くのパブリックアートに出会うことができました。中でもいちばん感動した岡本太郎《躍動の門》。
2023年が躍動的な一年になりますように。


●朝倉
今年はGR meet 47で全国各地を巡ってたくさんの人に会えたのが一番の思い出。 飛行機の窓から見える景色は何度見ても良いものです。


●いなば
人通りが増えるとともにGR IIIの28mmで広くスナップする機会が増え、あらためて広角スナップって楽しいなと思った一年でした。


●見習い
毎年言っていますが、子供の成長は早い。自分もまだまだ成長して、来年は見習いレベル20くらいになることを目指します。


●まちゅこ。
全国各地を回らせていただき、いろんな景色とともにファンのみなさんにお会いできたのは、本当にありがたく、感謝でいっぱいです。参加者のみなさんの作品で、各地の魅力を伝える写真展とかやれたらいいなー。


来年も、どうぞよろしくお願いします。
皆さま、体調管理には充分気を付けて、良いお年をお迎えくださいー。

(GR officialスタッフ一同)



友だち追加

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

「写真喫茶エス」と「写真展エス -meets-」についてのご紹介です! (朝倉)

2022.12.26 | BLOG

NEXT

新年のご挨拶

2023.01.01 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS