何かを“何か”のままに撮る(みにゅう)

2021.02.09 BLOG

こんにちは、みにゅう です。
みなさんはスナップ撮影をするときに、前もって何を撮ろうか テーマを決めて 撮っていますか?
僕は、季節の花などある程度狙いがある場合もありますが、いつでもどこでもなんでもふと気持ちが動いたら撮影するよう心がけています。
何に心が動くか、はその場その場で感じることなので予測不能。自然体でなんでも撮ってみよう!

GR III, P mode, ISO1000, 1/1.7sec, F2.8, -2.3EV, WB:Auto, クロップ35mm

そうして撮影して蓄積された写真を振り返ってみると、結果として花や虫や猫が多いんだけど、そういった継続的に興味のある分野とは別に、どこにもまとめられないような「直感で撮った系」の少数派の写真があります。
それらに統一感はないけど、それぞれすごく印象に残ってる。「何か」が写し撮れたような気がする。そんな写真たちを今回は紹介します。

GR II, P mode, ISO100, 1/90sec, F4.0, -1.3EV, WB:Auto, クロップ35mm

GR DIGITAL IV, P mode, ISO114, 1/40sec, F1.9, -1.3EV, WB:Auto

美しい、かっこいい、面白い、不思議、気配、存在感、… そういった類のものに反応したのかもしれない。でも気持ちを「言葉」で説明してしまうとその途端に何かが失われてしまうような気がする。
感じた「何か」を「何か」のまま、写真に閉じ込める。

GR III, P mode, ISO200, 1/8sec, F2.8, -1.0EV, WB:Auto, レタッチ(トリミング)

これはどこで何が写っている、と説明したいわけじゃない。
だからタイトルも説明も無いほうがいい(Untitled)。ただ写真を見てほしい。
言葉にならずに気持ちがザワッとしている「あれ」がそのまま伝わるといいな。

GR DIGITAL III, P mode, ISO64, 1/60sec, F1.9, +0.3EV, WB:Auto

でもその一方で、違っていいとも思う。感じ方は人それぞれだから。
それが伝わるように、というのが写真の技術。自分に見えたように、感じたように撮れるといいな。
こうかなーこうかなーと探りながら設定や構図を変えていろいろやってるときが楽しい。捕まえにくいものを手探りで捕まえに行く感じ。
「撮れた(かも)」というその時の楽しみと、また後で見たときに「おー撮れてる撮れてる」という楽しみ。

GR III, P mode, ISO200, 1/640sec, F3.5, -0.7EV, WB:Auto

みにゅう らしくない写真っていわれるかな?
これも僕の感じ方(個性)です、というしかないね。
楽しんでくれればOK。
それではまた!

参考:被写体(表示順)
・外装工事中のビル
・食堂ホールの照明
・高層マンションの通路
・トンネル
・巻かれた釘
・電気ケーブル

(みにゅう)

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

緑を撮る(ゆか)

2021.02.05 | BLOG

NEXT

自分で気付いた自分のクセ (任三郎)

2021.02.13 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS