懐かし企画第二弾!「ワッキー」の登場です (まちゅこ。)

2019.09.24 BLOG

こんにちは。管理人のまちゅこ。です。

今日は懐かし企画第二弾! 先月のひろさんに続き、旧GR BLOGでライターだった、ワッキーさんに登場いただきます。

旧BLOG終了後は、ごくごく普通のカメラ・写真好きの人として過ごしていたというワッキーさんですが、それゆえに、共感される方も多いかもしれません。

それではお願いします!

***

はじめまして、あるいはお久しぶりです。元GRブログライターのワッキーです。

私は以前から複写機関連の業務をしていたため、前ブログが終了してからの4年間はGRともリコーのカメラとも離れ、一般のカメラ・写真好きとして過ごしていました。今回、先月の「ひろ」さんと同じく声をかけていただいたので、久しぶりに記事を書かせていただくことになりました。よろしくおねがいします。

GR III,Pモード,ISO6400,1/100sec,F2.8,EV+-0,WB:Auto

 
私は基本的に平日休日問わずカメラを持ち歩いているのですが、開発系の業務のため日中は社内にこもりっきりになりがちです。そのため主な撮影タイムは夜間、日中の仕事の鬱憤?を晴らすべく帰り道にあちこちに寄り道して、散歩しながら気になる景色を見つけては撮影しています。

今回は主に夜間時の撮影にフォーカスしてGR IIIの使用感をレポートしようと思います。作例もすべて夜間に撮影したものにしました。最後にスマホへの写真の転送についてもちょっとだけ触れようと思います。

GR III,Pモード,ISO6400,1/100sec,F2.8,EV-1.0,WB:Auto

 
散歩しながら気になったものを見つけると立ち止まってさっと撮影する街歩きスタイルなので、カメラがパンツのポケットにそのまま入り(レンズバリアがあり)、起動速度が早く、そして画質がよく、片手で操作できてかつ暗所撮影が得意なGR IIIはこれ以上ないツールです。

GR IIIに手ブレ補正が搭載されると知ったとき、実はそれほど期待していなかったんです(開発陣の皆様ごめんなさい)。手ブレ補正は望遠側で重宝する機能だから、広角28mmかつ重量バランスよくグリップのよいGRに搭載してもあまり補正効果が出ないんじゃないかとばかり思いこんでいました…ですが間違っていました。

重量バランスよくグリップがよいからこそ手ブレ補正でバチッと画が止まるんですね。しっかり構えれば1/8~1/4秒くらいのシャッタースピードでも安定してブレなく撮影できます。本当にびっくりしました。夜間での撮影であってもなるべくISO感度は上げたくないので、低速のシャッタースピードでブレなく撮影できるのはとーっても心強い。

GR III,Pモード,ISO6400,1/100sec,F2.8,EV+-0,WB:Auto

 
続いてフォーカスの設定についてですが、風景が撮影対象であることがほとんどなので基本的には5m~無限遠にピントをおいてMFで使用しています。背面のISOボタンにMF切り替え機能を割り当てて、ワンクリックでAFに戻せるようにしています。この設定はGR IIの頃から愛用していて手に馴染んだ操作なのですが(GR IIだとFn1ボタンです)、最近ISOボタンへの割当をやめて常時MFでも問題ないのではないかと思い始めています。

というのも、GR IIIから背面液晶がタッチパネル式になり、タッチした箇所をフォーカスエリアにすることができるようになったためです。

MF設定であってもパネルタッチしてフォーカスエリアが表示された状態だと一時的にAFと同じ動作をするので、基本MFで撮影しながら、AFの力を借りたいときはパネルタッチするという操作でやりたいことがやれるようになりました。
また、このタッチパネルは非常に反応がよく、操作していてストレスを感じることが無いので、撮影がとてもスムースに行えます。私の場合、パネルの右側3/4くらいのエリアであればカメラを片手で構えた状態のまま親指でタッチ操作ができます、これはGR IIIで本体の横幅がぐっと小さくなったことの恩恵ですね。

GR III,Tvモード,ISO4000,1/10sec,F2.8,EV-0.7,WB:Auto

 
私の好みでただでさえ暗い夜間にさらにアンダーで撮影することが多く、画面全体がほぼ黒!のような写真を量産してしまうのですが、GR IIIで撮影した写真はどうしてなかなか黒潰れしません。ほとんど真っ黒な箇所でもよく見ると少し階調が残っていて、肉眼で見る夜の豊かなグラデーションにとても近く、これもGR IIIで夜間撮影をしたくなる大きな理由です。

GR IIIでの変更点でちょっと残念だったのはフラッシュが省略されてしまったことです。暗い場所で長時間露光+手ブレ補正で撮る写真とフラッシュを焚いて撮る写真は別物でそれぞれに違った良さがあり、実はGRIIではフラッシュを多用していました。

ただ、フラッシュの搭載は本体サイズとのトレードオフの関係にあるのは明らかなので仕方なしと割り切って、次回作に期待しています!と同時にGR IIIでもフラッシュを使いたいのでGRに似合う小型のフラッシュを探しています。もしおすすめのフラッシュがあれば教えて下さいね。

GR III,Tvモード,ISO4000,1/13sec,F2.8,EV-1.3,WB:Auto,35mmクロップ

 
最後にスマホとの連携についてです。GRIIのスマホ連携は写真転送相手がスマホでもPCでもブラウザがあれば転送可能だった一方で、複数画像の一括転送ができませんでした。
私は一気に100枚200枚撮影して、移動時間にまとめてスマホに写真転送、というルーチンで撮影することが多いので、GR IIIで一括転送が可能になりぐっと使いやすくなりました。
 
あとはRAW画像を転送対象にするか否かを選択できる機能(RAW対象外にしたい)と写真の選択をスマホ側だけではなくてカメラのパネルを見ながら選択できるようになると嬉しいな…今後のアップデートに期待しています。

GR III,Tvモード,ISO1000,1/30sec,F2.8,EV-1.0,WB:Auto,35mmクロップ

 
以上、私の撮影スタイルに合わせたGR IIIの紹介になりましたが、写真撮影がお好きなみなさんは住む場所も生活リズムも好きな被写体も人それぞれだと思います。
 
でも、個々人の撮影スタイルに可能な限りフィットし、主張しすぎず、撮影そのものの楽しさを高めてくれるのが私はGRの良さだと思っています。GR IIIもそんなGRのよいところを最大限に受け継いだカメラに仕上がっていると感じました。

(ワッキー) 

***

久しぶりのGRとは思えない使いこなしは、さすがだなーと思ってしまいました。
前回のひろさんとともに、ワッキーさんも、またぜひとも登場してもらいたいと思います!

楽しみにしていてくださいね。

(まちゅこ。)
 
 

Facebook Twitter Hatena Bookmark Pocket Google Plus LINE

PREVIOUS

恐竜博を撮ろう! (みにゅう)

2019.09.13 | BLOG

NEXT

【GRist】Vol.25 津田直さん

2019.09.26 | BLOG

RELATED ARTICLE

GR official SNS