GRist

GRist 清水哲朗さん

2009-07-21

こんにちは、みにゅう です。

今回の GRist は、Photo Style フォトグラファーズギャラリーに GR DIGITAL II で撮影した「風」を公開している写真家の清水哲朗さんです。
モンゴルを継続的に取材し、圧倒的な大自然の景色や動物、人物の写真を撮影されている清水さんに、撮影のエピソードなどをうかがいました。
清水哲朗

■ユキヒョウに導かれてモンゴルへ

みにゅう(以降 み):最初に、モンゴルで撮影するようになったきっかけについて教えてください。

清水(以降 清):日本の動物園で「ユキヒョウ」を見て一目惚れしちゃったんですよ。動物園でよく撮影して、いつか野生のユキヒョウを撮影したいと思っていて。
そしたら、たまたま師匠(竹内敏信氏)がモンゴルで写真展を開く機会があって、同行してそこで聞いてみると、向こうにはユキヒョウが「うじゃうじゃいるよ」という話だったんです。それなら行ってみなきゃと。
独立してから行ってみると、実際はそんなにいるわけはないんですけど(笑)。世界的に貴重な動物なので。

そうしたら、モンゴルにはそれ以外にももっと魅力的なことがいっぱいあって、どんどん引き込まれていっちゃったんですね。大自然の半端じゃないスケールの大きさとか。人の文化も面白いし。何度も撮影に行ってるんですが、一度も飽きたことが無いんですよ。
車を借りて、野宿を繰り返し移動して行くというスタイルも僕にあっているみたいです。

Shimizu_1h430.jpg

清:行く度に撮影テーマを決めますが、合間には他のものもいろいろ撮っています。何もかも魅力があるので、撮ってるうちに新しいテーマが見つかって。じゃあ次はこれを撮りに来よう、とつながるんです。
テーマを決めて狙っても「空振り」なこともあります。でもそれも気持ちいい。無いものは無いし、待っても来ないものは来ない。そういうもの。それを受け入れて、楽しんでいます。

5月には「ゴビヒグマ」を撮影しに行ってきましたが、次は8月に「氷河」を撮りに行こうと考えています。年に3~4回は行きますね。その度に3000~4000kmを移動します。
やりたいこと撮りたいものがいっぱいで、エンドレスです。

■装備は割り切る

み:どういった装備で撮影に臨んでいるのですか?

清:装備はそれなりにしっかりしますが、最低限のものしか用意していません。テントと寝袋と食料と水があればいい。キャンプが目的ではないので。現地にも人はいるので、それに合わせればいいと思ってます。

み:撮影機材は増えて来ていますか?

清:そうですね。デジタルカメラの他に、ストレージや、GPS なども持って行きます。
電源を必要とする機材が増えて来て、電源の確保が大変ですね。バッテリーをいっぱい持って行かなきゃなんない。
なるべくカメラを数多く持って行きたい、でも機材を軽くしたいというのがあって、そこで GR DIGITAL II が登場する訳ですよ。

山に登ることもあるので、カメラを数多くと欲張ると、途中で体が動かなくなっちゃう。何かを犠牲にしないといけないんです。
動物撮影がメインだと一眼レフに望遠レンズを装着して撮影しつつ、身の回りの植物などは広角の GR DIGITAL II で、というやり方ができる。
一眼レフ用の広角ズームレンズを持って行くのと比べると、GR DIGITAL II は2台でも軽いし、コンバージョンレンズを入れても苦にならない。そこが最大のメリットです。
バッテリーもすごく良く持つのが嬉しいですね。

モンゴルで自分の無力さを自覚して打ちのめされる経験があったおかげで、機材について割り切れるようになりました。
昔はあれもこれも持って行きたかった。この被写体にはこのカメラにこのレンズの組み合わせで、とかいろいろ考えていたけど、結果として撮影できなければ何の意味も無いし。動けなくなったら終わりだし。
そんな訳で機材を割り切って、このリュック1個で、と決めるとすごく楽ですね。

Shimizu_2w400.jpg

■脱線することを楽しむ

み:気候的に厳しいところで撮影に苦労されるのでは?

清:1日に季節が3つあると言われるほどの寒暖差があります。
5月に撮影に行った際、昼は気温が30度まで上がって暑かったのに、次の朝5時に起きたら雪が積もっていた、なんてことがありました。雪かぁー、みたいな(笑)。まさかの展開です。

でも、それに文句言ってもしょうがない。お天道様がやったことだから。そこを受け入れてどうするかってのが大切なこと。
モンゴルは予定外の「脱線」だらけなのでなかなかもとに戻れないんだけど、その脱線が楽しくて行っているところがある。最高の息抜きなんですよ。

み:冬も撮影に行かれてますよね。

清:冬はマイナス30~40度に気温が下がります。夏とは符号が逆で、気温差が60~80度もある。想像を超えてます。それだけに全く別の表情を見せてくれる。
草原に雪が積もるとほんとうに真っ白で、無の状態。

み:被写体はあるんですか?

清:そう、夏もそうなんだけど、被写体が無いんですよ(笑)。
前景を生かして・・・とかいっても、前景がない。空と大地だけ。
車が通るとわだちとか、動物の足跡とか。それぐらいでごく限られる。
何も無いところだからこそ、石ころ1つ現れても、撮影できることに感謝の気持ちが湧くんですよ。ひとつひとつに「撮らせてくれてありがとう」って。

Shimizu_3h430.jpg

■人物撮影の距離感

み:人物を撮影する際のコツってありますか?

清:写真って被写体との距離で決まると思ってます。その距離感を、望遠でごまかすことはしたくない。相手との距離感を楽しみたい。だから単焦点がいい。
GR DIGITAL II は、小さいからどんどん相手の懐に入って行き易いカメラ。カメラを感じさせない、すんなり入って行けるツールだと思います。

距離を詰めるのは自分との戦いで、ある種のずうずうしさも必要。安心できる距離を超えて、ギリギリの近距離でお互いが緊張しあっていると、写真にも緊張感が生まれます。

人を撮る時、僕は最初からいきなり懐に入っちゃう。すごく近づいて「なんだこいつは」と思わせといて、そこですっとひく、すると相手が安心する。相手を安心させられるところがいいんです。
じわじわ寄って行くのとは逆の撮り方をしています。

み:それは勇気がいりそうだけど、意外なテクニックですね。

■GR DIGITAL II に望むこと

み:最後に、GR DIGITAL II への要望はありますか?

清:写す機能的には十分なので、このスタイルで防塵防滴にして欲しいですね。
僕の使い方だと保証範囲を超えてると思うけど、やはり防塵ということには気を使います。

み:どうもありがとうございました!


■清水哲朗さんお気に入りの1枚!


皆既日食の只中、遊牧民の反応を知るべくゲルに訪れた。しかし、こちらの興味を裏切るように、いつもどおりの仕事をしている彼ら。驚かないのと僕が聞くと「最近はラジオで情報が入るからねぇ」だって。


■取材を終えて

心からモンゴルに惚れ込んで撮影していることが、言葉や表情からあふれ出て来るのを感じました。清水さんと一緒にモンゴルを旅したら、どんなに楽しいだろう。と思わずにいられません。(ぜひいつか!)
日本では想像もできない、非日常的な自然環境に臆するどころかそれを楽しんで、好きなものを撮影するためにまっすぐ向って行く。その行動力と思いの純粋さ、おおらかさを見習いたいと思いました。


清水哲朗(しみずてつろう)プロフィール

1975年横浜生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、写真家・竹内敏信事務所入社。23歳でフリーランスとして独立。モンゴルの大自然に魅了され、年に数回は現地を旅しながら撮影をしている。
2005年『路上少年』で第1回名取洋之助写真賞受賞。国内では『都会に暮らす動物の生命力』をテーマに東京のカラスやネズミを追っている。
活動は作品発表のほか、執筆、写真教室講師、フォトコンテスト審査員など。2007年にはNHK教育テレビ『趣味悠々』デジタル一眼レフ風景撮影術入門講師として出演。

著作
『モンゴリアンチョップ』(NAA刊)
『もっと綺麗に撮るデジタル一眼レフ写真術』(MCプレス刊)
『デジタル一眼レフの基本テクニック』(新星出版社)
写真展開催、多数。
放浪フォトエッセイ『モンゴリアンチョップ』 http://rakuda.mda.jp/mongol/
(社)日本写真家協会会員

TwitterFacebookはてなブックマークに追加del.icio.us に登録この記事をクリップ! 投稿者 みにゅう | TrackBack(22)

この記事へのトラックバック一覧

[写真]リコー「GR DIGITAL III」を発表 [from 滝マニア]

【速報】リコー、「GR DIGITAL III」を発表 リコーは27日、都内で開いた発表会で、コンパクトデジタルカメラの新製品「GR DIGITAL I... 続きを読む

TrackBack 2009/07/27

野外フェス日和 [from PhotO coffee]

RICOH GR DIGITAL II FM802の主催するMEET THE WORLD BEAT 2009 今年はFM802の20周年! 心配して... 続きを読む

TrackBack 2009/07/27

FUJI ROCK FESTIVAL'09 [from エモブログ]

どうもどうもお久しぶりのブログ更新です。 最近友人から「ここんとこブログ更新してないけど、仕事忙しいの?」なんて心配されるのですが、 だい... 続きを読む

TrackBack 2009/07/26

今日の路地 #028 [from おれのほそ道]

「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」 ということで、今日もGRDスペシャルカタログの銘コピー「いつ... 続きを読む

TrackBack 2009/07/26

楽しみ [from THE 写真]

価格コム見るとGRD3の噂でもちきりだなぁ。 どんな仕様になるか、楽しみ。 GRD2の出来が良く不満が無いので、個人的には様子見だけど(笑) 撮影:... 続きを読む

TrackBack 2009/07/26

見慣れた街の中で 10 [from light and shade]

①②③④ GR DIGITAL⑤ R-D1s NOKTON classic 35 続きを読む

TrackBack 2009/07/26

GRD2 VS DP2 [from THE 写真]

撮影: DP2 ハワイ旅行にGRD2とDP2の2台のカメラを持っていきました。 どちらかのカメラがメインに、もう一台がサブに分かれると思っ... 続きを読む

TrackBack 2009/07/25

バックアップツール [from いろんな話〜since2007〜]

R0012973 posted by (C)GBMGX100 DSソフトのセーブデータのバックアップが出来る裏ツール すごく便利! ドラゴンクエ... 続きを読む

TrackBack 2009/07/25

on the beach [from THE 写真]

撮影: DP2 DP2は、抜けが良く好みの絵を吐き出します。 シャープで、ある程度ボケも期待出来ます。 動作はトロいけど、操作感は悪くな... 続きを読む

TrackBack 2009/07/25

ハイボール [from JITAN’S NEST]

RICOH GR Digital2 最近、再ブームのハイボール。 若い人には新鮮 続きを読む

TrackBack 2009/07/24

作品集65−原宿 from 東京 from JAPAN [from 写真家トキオカの風景写真作品集]

RICOH GR DIGITALII     f/2.4  1/40   -0.3「... 続きを読む

TrackBack 2009/07/24

2009-07-23 [from 散歩写真]

バンダイチャンネルのファースト・ガンダムを思わず見てしまう私って・・・でも、いいね、ファースト。 というか、それしか知らないのです・・。明日は、休み(にし... 続きを読む

TrackBack 2009/07/23

ミドリイシ [from raison d'etre]

GR DIGITAL IIさて遠征サンゴ買い第二弾!仲間に急かされてついに ついにミドリイシ買ってもうた〜だが断っておきましょう最初で最後だと白化した時点... 続きを読む

TrackBack 2009/07/23

オプション [from PhotO coffee]

GR DIGITAL II GRDさん 液晶は3.0型92万ドットVGAに進化するとして、レンズ以外に後は何が進化するのでしょう??水準器のような地... 続きを読む

TrackBack 2009/07/23

それぞれの日蝕 [from おれのほそ道]

♪ テントの中でも月見はできる~ ♪ ということで、硫黄島に行かなくたって、悪石島(残念でした!)までいかなくたって… 新潟の地で日蝕ウォッチング... 続きを読む

TrackBack 2009/07/23

コクワガタ in Tokyo [from Yes, I Believe in God.]

駅からの帰り 公園を通るショートカットの道で コクワガタ(メス)発見! RICOH GR DIGITAL II 反射的に、少年時代に戻り、... 続きを読む

TrackBack 2009/07/22

スピークイージー [from raison d'etre]

GR DIGITAL II寒っ梅雨明け宣言するといつも本格的な梅雨になるATOK2009が届いたのでインストールMacはATOKのインストールだけでも気分... 続きを読む

TrackBack 2009/07/22

f1.9 [from PhotO coffee]

RICOH GR DIGITAL II 27日にGRD3発表の噂が、頻繁に飛び交ってます。 レンズはf1.9で明るくなり28mmのままだとか。 あと... 続きを読む

TrackBack 2009/07/22

光の魔術師!? [from おれのほそ道]

前日の日曜日はクラブの月例会。プライベートゴルフなら絶対中止コールがでるのだけれど、さすがに(草)競技会のために「雨が降ったから休みます」とは云えないムー... 続きを読む

TrackBack 2009/07/22

パスポート更新への道〜ドナドナなわたし〜 [from imcool side b]

パスポートがあと一ヶ月で切れてしまうので、夏休み取得中にまずは申請に 行っておこうと思いたち、日曜日に銀座松屋のフォトスタジオでパス... 続きを読む

TrackBack 2009/07/22

Prematuro [from music is high magic]

GRD II 先日、ちょっとフライングをして大地の芸術祭2009が行われる 十日町でJames Turrelの光の館を初めて訪れてきました。 ... 続きを読む

TrackBack 2009/07/21

1713-090719 GR Digital 2 × iPhone 3GS [from shiology]

iPhone 3GS 「GR Digital 2」×「iPhone 3GS」 このコンビを3週間にわたって使っています。 Ricoh GR Digital... 続きを読む

TrackBack 2009/07/21

PAGE TOP